ラフマニノフが人気~!ベルリン

オケに負け気味というか。それが良いのか悪いのか分かりませんけど・・・(^^;個人的な感想なので許してくださいね。今はこればかり聴いています。

いまオススメの商品!

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

ラフマニノフ ベルリンラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(CD+DVD) [ 辻井伸行/佐渡裕/ベルリン・ドイツ交響楽団 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

届いてから、繰り返し聴いています。聞いていると耳障りなくいつのまにか聞いているのを忘れてしまいます。彼の凄いところは玄人のプロが弾く音を若い頃から習得してることです。私は、デビューとは違ったピアノが聴けて、よかったと思っています。知らない方や興味の無い方にはお勧めとは言えません(^^;販売元さんは上手い選曲をされてますよね〜〜(苦笑)しかし「川のささやき」を買っていない方には辻井さんの弾き方を見れるお得なセットかもしれません。演奏はもちろん素晴らしいものですが!収録風景やリサイタルを収めたDVDが付属しているのがとてもお得です。盲目というハンデを全く感じさせない名演ですので!まだ聴いていない方には是非お奨めしたいです。きっと初めてクラッシックを聴かれる方も感動される事でしょう。盲目のハンデを一切感じさせない良い演奏です。「Debut」より、お得な感じです。酔いすぎ?でも素敵、みたいな。星一つ減はテンポがちょっと自分好みではなかったためです。感動で涙が出てきます!届いて一日中聴きました。手に入れて良かったと久々に感じる感動の一枚です。お二人とも素敵な人柄なのでどんな曲になるのだろう?と興味が湧いたのです。今や時の人になった辻井氏。この演奏に際して、指揮者の佐渡裕はタクトが見えない辻井伸行のために息づかいで演奏のタイミングを伝えたというエピソードがあります。具体的に言うと!たぶん体力的なパワーが少し足りないところがあるんだと思います。とても感動的なDVDだそうです。DVDが付いていると購入画面に記載されていて「CDだけで良いのに」と思いました。CDを聞いているだけなのに!終わった瞬間!拍手をしてしまいました!!!とてもよかったです。佐渡裕辻井伸行…神の領域ですね。若いピアニストはどうしてもテクニック重視で鍵盤を強く叩きすぎてリズムが崩れることが多々あります。クラシック音楽鑑賞が好きな方は買って失敗は無いです。もうそれだけでも大満足な1枚です。ピアニストが前に出すぎるようなのもありますがこのCDはオーケストラと調和し一体となったような印象を受けました。オーケストラと一緒になっているのもありますが!メリハリのある!ダイナミックなピアノでした。お薦めです。勿論ラフマニノフのピアノ協奏曲が大好きというのもあります。もともと大好きな曲。二楽章が一番いいと感じたのは!私の持っている中ではこのCDだけです。それぞれ特徴があるのですが、辻井さんのは「日本のラフマニノフ……」という感じでした。ワクワクしながら聴きましたが!期待を裏切らない最高の演奏でした。その他にも弾き方を見てすごいなぁと感じました。すばらしい演奏なのですが、終わってからツィマーマンとアシュケナージを聴きなおしてしまいました。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番は!とても有名ですが!とても難しいとされています。細部まで神経の行き届いた、でも何か自由に楽しんで弾いている感じ、大変美しい演奏なので、この曲が好きな方にはオススメです!ラフマニノフの2番はツィマーマン、リヒテルアシュケナージなど数人の演奏を持っています。半面、非常に優しく繊細な歌い方なので二楽章はすばらしいと感じました。彼のピアノはプロになる前からコンクールで聴いていたので!今回の入賞は「当然だろ!やっとここまできたか!!」って思ってました。良い演奏だったと思います。話題の辻井さんのCDで、大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲2番だったので、試聴もせずに購入してしまいました。おすすめです。一楽章の途中や三楽章の盛り上がりなど、もっともっと、グワっと来て〜!と物足りなく感じてしまうところがあるのです。ごめんなさい。機会があったら、必ず、見に行きたいと思います。辻井さんのデビューのCDと比べると、また驚かされました。不思議ですが!きわめて日本的なラフマニノフという印象です。信仰者ではないですが!神様はいるんだと感じずにはいられませんでした。アシュケナージの若いころの演奏は自分に酔いまくりで宝石箱をぶちまけたみたいな色彩豊かなロマンチックな音。話題のノブリンのラフマニノフのCDです。弾き始める際に鍵盤の右端の方を触られているのを見て「あぁそうして弾き始める位置を確認しているのかもしれない」と思いました。テレビから流れるらラフマニノフのメロディーが頭から離れず…。デビューと、こちらのCDを購入して、ピアノを聴きましたが、実際に、辻井さんのピアノを弾いている姿をみたいと、真剣に思いました。辻井さんと佐渡さんの演奏が聞きたくて買いました。CD+DVDでこの値段も魅力でした。大正解でした!注文した後、辻井さんのもう一枚のCD「debut」を借りて聴いたのですが、弾き方が軽やかで優しく(特にショパン英雄ポロネーズが自分の持ってるマルタ・アルゲリッチよりも柔らかく優しい感じ)ラフマニノフの2番も優しい感じかと思ったのですが、力強いところは力強く第2章の優しいところは優しく、とても良かったです。その他に収録されてあるショパンの「幻想曲ヘ長調」「舟歌ヘ長調」「前奏曲第24番ニ短調」の3曲は別にDVDで販売されている「川のささやき」(サントリーホールでのコンサート)には収録されていない曲なので聞きたい方にはお得でお勧めですね。今後も辻井さんの演奏は進化するでしょうから!将来の録音が楽しみです。購入してよかったです。たぶん1音1音を丁寧に弾いているからだと思います。ピアノ協奏曲ですから、オーケストラや指揮者との呼吸が演奏の命です。人でありながら、天使?の指とでも言う感じの。これで、優勝したことに納得がいきます。盲目のピアニストという見方で興味本位で買っても価値は見出せないと思います。このタイミングのオーケストラとの息の合ったメロディーは感動しきり。で!辻井さんのは!聴いていたら頭の中に桜吹雪が散りました。ちょっと前の演奏だからかもしれませんし、録音の調整もあるのかもですが……ツィマーマンのは聴いていると金銀の細かいカケラが舞い散っているような感じで、フォルティシモがぐわっと来てピアノの部分は固めのタッチで繊細にきらきら……と聞こえます。満開の桜の森にいる気分。TVで断片的に演奏を耳にするたび、震える感動がありました。期待以上です。贅沢を言えば、録音風景のDVDはもう少し長い方が良かったかな、と思います。届くのが楽しみです。大好きな佐渡さん指揮の辻井さんとの!ラフマニノフピアノコンチェルト2番!とてもいいです♪!DVDにはラフマニノフのレコーディング風景と!サントリーホールでの辻井さんのソロ!ショパン3曲が入っていて感動しました。知人に頼まれて購入、プレゼントしました。実際なくても問題ないのですけどオーケストラと辻井さん佐渡さんの暖かい空気感を見れて私も暖かい気持ちになれました。彼には、それがなくて40歳代以上のピアニストと同じメロディを出します。ヴァン・クライバーン・コンクールで優勝の栄誉に輝いた、盲目のピアニスト、辻井伸行が感性豊かに音楽を奏でています。。この曲は今まで何人かの演奏CDと生演奏2回を聴いたことがありますが!辻井さんのピアノは一番音がきらめいていた感じがします。力強く!かつオーケストラとも調和していて!ピアノの音色がキラキラと美しいです!速度は少しゆったりめで!ピアノ・オーケストラ共にじっくりと音を聴かせる感じです。彼の奏でるピアノは切なさや生き様といった重々しさとは別の暖かさが漂います。本当かどうかは本人に聞かないと分からないですけど・・・。ほんとにすばらしいピアニストだと思いました。テレビで彼の受賞を知りました。一番好きなピアノ協奏曲を今話題の辻井伸行さんが弾いた作品ということで!是非聴きたいと思い購入しました。DVDのほうは、まだ見れていないので、見てから、追加で感想を書きたいと思います。海外勢の演奏と辻井さんのでは!なんというか話されている言語が違うような気がしました。大好きなピアノコンチェルトを、辻井くんと佐渡さんのコンビによる演奏で聴ける。購入しました。こちらの場合は、ラフマニノフだけなので、デビューを聞いてから、購入するのを判断されてもいいかと思います。。